ドラゴンズドグマ レビュー

一通り終わったので感想。


DSC_0101.jpg


まず総評。点数的には75点くらいでしょうか。一見すると自由度高め、オープンワールドで広大な世界を色々旅して自分だけの物語を紡ごうって感じにも見えますが、物語の進行状況により進める場所ややれる事には限りあったり、世界は広いっつーかフィールドがデカく移動にかかる時間が長い、しかしながらフィールドはスカスカで特にイベントやオブジェクトとかがあるわけでもない。フィールドも横に広いだけで縦の広さはほとんどなく、別段綺麗な風景がどっかに用意されてたりとかかはない。道順に沿っていけば自然と町やダンジョンは見つかったりするんで探索する楽しみとかはあんまなかったです。オープンワールドとしては正直微妙な出来栄え

と、まぁここまで書くとダメダメっぽいですがアクションRPGとしてみれば豊富な職業、豊富なアクションにド派手なスキル、巨大なモンスターを倒す爽快感といったアクション戦闘の面白さ。ポーンの貸し借りは中々に面白く、ポーンシステムといったマイキャラとは別にもう一つの自分の分身やソレの貸し借り、他人が使う事で成長するシステム等はよかった。純粋なファンタジー世界を冒険してるって雰囲気はやっぱ良かった。

オープンワールドでダラダラ楽しむゲームではなくあくまでもRPGらしくクリアまでを楽しむゲーム。そう思えば隠しボス(?)のウルドラゴン討伐まで素直に楽しかったし70時間近く遊べて満足。ただ多くはダラダラチマチマ遊び続けるのを期待してたとも思いますし、そういうのを期待してた多くは結構な肩透かしは食らっちゃったかも。かくいう私もその一人でした(・ω・`) 面白かったんだけどウルドラゴン倒して強い装備手に入れて 「まだまだ遊ぶぜー」 と思ってたら 「アレ、もうやることなくね」 になっちゃって何か消化不良な感じ。ウルドラゴンから先が特にないけどウルドラ倒す意味は割とすぐになくなるっていうねー。


派手な戦闘やアクションゲームを楽しみたい! 巨大な敵を倒す爽快感を! って方には結構オススメ。初見で戦う敵との熱さはかなりのもんでビクビクです(・ω・`) 
話自体にひねりはないけどものすごく王道なファンタジー世界も悪くはなかったです。ドラゴンの迫力は凄まじく、モンハンをこのグラフィックで遊びたいと改めて思ったわ。カプコンさんお願いだから次世代機でのモンハンをハヨお願いします(・ω・`)


大体こんな所。あとはもうちょい詳しく

世界観・オープンワールド ×

多くの人が期待してであろうオープンワールドな世界を冒険する感覚。コレに関しては数あるオープンワールドゲームの中でも結構低いレベルかと。正直な話ただ広いマップってだけで旅をする面白さはあんまり感じられない、フィールド上での突発的なイベント等もなく、散りばめられたクエストを回収するのみ。モンスターの沸く場所も固定なんで慣れてくると大型モンスターのサプライズ等は全くなくなります。綺麗なロケーションなども別にあるわけじゃないしねぇ(・ω・`)

そして物語を進めていなければ行けない場所、何より行っても意味の全くない場所が大半。コレがやっぱりオープンワールドとして何ともいただけない部分。探索して自分で何かを探す楽しみはあんまなく、町でクエスト受けてそれを消化しに各地を回る感じ。本当にオープンワールドじゃなくただのRPGでした。まぁダンジョンとかに潜って敵強い中宝漁って強い装備手に入れたり、とかは楽しかったですけどね(・ω・`) ただ敵が最も強い場所等は最終的に町からすぐ近くのポイント何で、世界を回る必要もあんまなくなり。素材とかも後半は使う必要ほとんどなくなってしまうので、各地を旅する目的は本当にクエストのみになってしまう。

何よりマップは大きくても、四角く表示されるワールドマップの内実際に歩ける部分は1/3程度、残りは海山ってのは正直詐欺に近いもんがあると思った。マップは広いけど、オブジェクトなどは少なすぎですわ。
2012052902.jpg


そんな感じでオープンワールドとしては期待してた分だけ痛かった感じ。


戦闘・アクション ○

発表当初こそキャラの見た目やしがみつきと言った動作から、モンハンちっくで重たくリアルっぽい動きや演出になるかと思ってましたが。瞬間移動で敵の首を掻っ切ったり、一撃必殺で地面毎吹き飛ばすような大剣での攻撃、画面全体を覆い尽くすような大魔法。カッコイイ動きやド派手なエフェクトのスキルが数多く、爽快感のあるアクションゲーでした。RPGなんで後で覚える技程当然派手で強そうな見た目な技になっていくので、成長して強くなる楽しみは抜群です。一撃必殺の最終奥義、「退魔剣聖斬」ウォーリアーは浪曼の塊でありますな(・ω・`)  
欲を言えばというか戦闘に関してはスキルスロットがもっと多ければもっともっと楽しかったと思うだけにこの辺は凄く残念。基本的にスキルは一つの武器3つしかつける事ができず、実用的なスキルだけで埋まることが大半。ネタ系のスキル入れるくらいの余裕が欲しかった。スロットが3つしかないんでやることもどうしても同じになっちゃいます。
サブ武器付けなかったら余ったスロット使えるとかで良かったと思うんだけどなぁ(・ω・`)  コレやってくれるだけでアクションゲーとして更に輝けるだけに残念。アプデとかでの対応を切望します。



ポーンシステム◎

今作の目玉となるポーンシステム。プレイヤーが操作する事になる主人公とは別に、主人公と共にレベルやステータスだけでなく知識を得て成長していく相方を育てるシステム。ポーンは敵と戦うことでその敵の対策を覚え、弱点属性を覚えれば弱点属性の付与を率先したり、弱点部位を知れば部位を狙ったりアドバイスをしてくれたりと言った風に成長していきます。この他にもフィールドの知識を得れば先導して道を教えてくれたり、クエストの知識を得てればそのクエストのヒントをくれたり中々に便利。こういった知識は共に冒険する以外にも、他所のプレイヤーでオンラインで通じ貸し借りすることで、別のプレイヤーと旅して得た知識で成長することもあるといった仕組み。まぁ知識を得ても結局はAIが凄く馬鹿だったり、場所教えてくれてもよくわからなかったりとまだまだ粗はあるけども、成長させる自分だけのサポートキャラといったコンセプトは面白い試みでした。ブラッシュアップしてAIの強化やもうちょっとやれることを増やしてほしい。高所に登る際に手を借りれたりとかねー。


あとは細かな不満点としてはモンスターの種類の少なさ。基本的にはゴブリン狼ハーピーゾンビ盗賊といった種類しか雑魚はおらず、色違いでの水増し。モンスターの種類は少なすぎるわりに、ボスよりも強かったりね。
ボス戦はしがみついて適当に切ってるだけでも割とどうとでもなる難易度で、難易度自体は割と温め。隠しボスのウルドラゴンさえ倒し方覚えれば楽勝です。
また最強の装備がウルドラゴンから手に入りますが、オンラインのウルドラゴンの場合仕様のおかげで一撃で倒せる状態で出てくる事がしょっちゅうであります。コレのおかげ(?)で何の苦もなく最強装備が手に入ってしまうっつーね(・ω・`) バランスブレイカーにも程があります。そしてオンでは硬いのにオフではオンの1/10程度に柔らかくなったウルドラゴンと戦う事もできて。報酬の違いは武器の数が減って、防具が手に入らないくらい。ただオンはHPが消えた頃に挑めばいいだけなので、誰かが削ってくれるの待ってそれまでオフでウルドラ狩ってるのが最も効率のいいやり方。まぁ装備も揃ってしまえばウルドラゴンを倒す意味は特にないけども。そしてウルドラゴンの装備を揃えればそれ以上の装備もなく目的はレベル上げになってしまってゲームクリアになるというね。ウルドラゴンの仕様や弱さも相まって最終のコンテンツにするには大きく消化不良感を残す事になってしまってました。隠しボスがここまで弱く最強装備がこんなに簡単に手に入るゲームなんてオラ他に見たことねぇや。


大体こんな感じでしょうか。不満点もそれなりにアレど、オープンワールドではなくアクションRPGとしてみれば普通に面白い佳作って感じ。ただ基本的には練り込み不足で、全体的に色々な要素が惜しいってダケで。要素としてはドレも面白かったと思います。拡張ディスクでもDLCでも何でもいいんで、もっとブラッシュアップされていけば良ゲー以上になると思う。シリーズ化には期待したい所でありますなー(・ω・`)


こんなトコ

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

トラックバック

まとめtyaiました【ドラゴンズドグマ レビュー】

一通り終わったので感想。まず総評。点数的には75点くらいでしょうか。一見すると自由度高め、オープンワールドで広大な世界を色々旅して自分だけの物語を紡ごうって感じにも見えま
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。