コーヒー中毒


私はコーヒー飲料が大好きで。ブラックから甘いものまで一日一杯くらいは飲んでいたわけですが。ここ最近はコーヒーを飲むと体がダルい。やる気がおきない。眠い。胸ヤケがして酷い時は若干の吐き気がある。そんな症状があったりして。でもまぁ単にコーヒー飲んだら落ち着くあまり、体が完全オフ状態になった結果そういう症状になるんかなーとか思って気にせずいたんですけどねー。人にいったら

「それアレルギーじゃねーの」


なんて事を言われました。いやいやそんなまさかまさか、アレルギーっつったらアレでしょ、発疹が出たり体かゆくなったりその他諸々ひどくなるやつ。気分は悪くなるけど正直そこまで酷い症状じゃ・・・・アレルギーなんて・・・とか思って調べてみたところ。

そういう症状もあるらしい。


気になって調べてみた所、カフェインが体質的にダメな人は結構こういう症状が起こったりもするらしい。酷い場合は普通のアレルギー症状も起こったりするようで。ただ私の場合は元からダメだったわけじゃなく、ここ1年くらい前からダルくなったりといった症状は起こり始めたもんで。更に調べてみた所長期にわたり摂取し続けると起こるカフェイン中毒というものに行き当たった。


-----------
カフェイン中毒

カフェイン中毒(caffeine addiction / caffeine intoxication)はカフェイン(C8H10N4O2)によって引き起こされる中毒。
カフェインの引き起こす症状は、カフェイン自体が持つ神経毒性によって引き起こされるものである。 長期に亘りカフェインを摂取し続けることによって起きる慢性中毒と、一度に多量のカフェインを摂取したために起きる急性中毒がある。うち急性のものはDSM-IV-TRではcaffeine intoxicationとして305.90に分類される[1]。

コーヒー、コーラ、栄養ドリンク、緑茶、紅茶、ココアなどカフェインを含む食品の常用によることが多い
。また、カフェイン錠剤などの過剰摂取によっても急性中毒を起こす。


慢性中毒 [編集]

慢性中毒は常習的にカフェイン飲料やカフェイン製剤を摂取し続けた場合に起こる。250mg/day以上の摂取では、焦燥感、神経過敏、興奮、睡眠障害、顔面紅潮、悪心、頻尿、頻脈などの症状が現れることがある。100mg/day程度の摂取でも依存が起こることがある。摂取を中断した場合の離脱症状としては頭痛が一般的であり、12~24時間以内に出現し、2~4日以内に消退する。他の症状としては眠気、集中力の減退、疲労感、不安・抑うつ、運動遂行能力の低下、発汗、嘔気、カフェイン摂取の渇望などがある[2] 。



----------


まんまコレすぎてワロタ(・∀・`) 



発汗とかまではなくとも結構な症状に当てはまるっつー。すっごい今更になって気づいたけども、どうやら私はすっかりカフェイン中毒になってた模様。癖になってた一息つく時の一コーヒー、落ち着こうと思った時にこそコーヒーを用意してたのは悪循環だったようで。当分はカフェイン摂取を禁止しよう。。。


日常的にコーヒーを飲まれるかたはカフェイン中毒には気をつけましょうね。また、長期的に飲み続けなくてもカフェイン過敏症という少量のカフェインでカフェイン中毒が起こる症状もあるようです。コーヒー飲んで気分悪くなったりするかたもしっかり気をつけましょう。カフェイン摂取は計画的に。

と、コーヒーのみたてで絶賛胸ヤケ中のきつつきからのお言葉です
。アレルギーと指摘してくれた友人に感謝しなければ。調べなきゃずっとコーヒーのみ続けてたに違えねえ(・ω・`)
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

カwwフwwェwwイwwンww中ww毒wwとwwかww

ハッハッハ、不摂生は良くないですよきつつきさん(´∀`。でも勉強になりました。
焦燥感、神経過敏、興奮、睡眠障害、顔面紅潮、悪心、頻尿、頻脈
>眠気、集中力の減退疲労感不安・抑うつ、運動遂行能力の低下、発汗、嘔気、カフェイン摂取の渇望

ア、アレ(・ω・`? 自分も結構当てはまる件。
仕事前・仕事後・なんかする前・寝る前のコーヒーは日常。……アレ、俺もヤバいのか?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。