参考になります

"格ゲー 上達" でググって出てきたブログ様

熊花日記


格ゲー初心者のドコがダメなのか、どうするべきなのかなどなどがまとめられているブログです。

もうね、何つーか痛い

2012080607.jpg


そもそも、なぜガン攻めを求めるのか?


だいたいの動機は、
・防御が苦手・ヘタだから攻撃し続けたい。
・攻めていた方が気持ちいいし、楽しい。
あたりだろう。
読み合いのリスクリターンを考えて付き合うよりも、
「自分のプレイスタイルを押し付けて対戦に勝つ」方が楽だし、
かっこよく思える。
何より、ゲームをやっていて楽しい。
ただ、その動きは一定以上の力量を持つプレイヤーには通用しない。
その理由を説明しよう。

弱点その1:引き出しが少ないからこその特攻

原則として「読み合い」「駆け引き」をする時に、
相手の癖を知っていることは大きなアドバンテージになる。
例:ピッチャーに
「フォークを投げるときには必ずボールの握りを確かめる」
というクセがある場合、
打者はそのクセの有無で投げる球種・コースを絞り込めてしまう。


弱点その2:暴れ、割り込みに弱い


ガン攻めスタイルは「とにかく前に出る」「相手を固める」ことに執着するため、
無敵の付いた暴れ・発生が早い技割り込みに弱くなる。
格闘ゲームは、
・相手に攻撃をヒット・ガードさせると自分が後ろに下がる(ヒットバック)
という現象がある。
このため、一度相手を固めると攻撃後に間合いが離れてしまう。
この離れた間合いを
「すぐにダッシュや前歩き、ジャンプ、低空ダッシュなどで詰めてしまう」
のが、ガン攻めスタイルの特徴であり、弱点でもある。



相手に攻められると毎度同じパターンでやられているのは誰か? =私です
ダッシュ・空ダで接近した時にガードもできずに殴られてるのは誰か? =私です
起き上がり際に無敵判定の技・必殺技をなすすべなく食らっているのは誰か?= ええ、私です


痛い。胸が痛い(ノ∀`;)。。。


リアルタイムで操作できるゲームである以上、特別何かを考えるわけでもなくアクションゲーム感覚で思考停止で楽しんでしまうのはよくある事。まぁそのプレイが悪いわけでもなく、最近はそういった手軽な楽しみ方もできるよう1ボタンで必殺技、コンボなどがつながったりするゲームも多くありますしね。決して無しなプレイングではないかと思います。ただ対戦に勝ちたいというのであればいつまでもソレじゃーダメダメなんですよね(・ω・`)

リアルタイムな操作を要求されるゲームである以上、当然適切な行動を取る事ができるコントローラーの操作も重要ではありますが。対戦であり、対戦する相手がいる以上読み合いというのも非常に大事。相手がどういう行動を取ってくるのかが判り、その行動に対して確実に反撃できる手段がありそれを取る事ができるのであれば、勝率はうんと跳ね上がる。そういった 相手が何をするのか? 相手が何をするから自分は何をするのか? というのも読み合いや駆け引きというのも、対戦においては最も大きな要素の一つ。

なんてことはまぁ格ゲーにおいては極々一般常識なんで今更熱く語る事もないんですが。


でもこういうのを改めてみるとやっぱり自分には対戦ゲーが向いてないと改めて思い知らされる(・ω・`)
私はものぐさで、面倒くさいことはハッキリ言ってやりたくない。常に対戦中あーだこーだ考えてなんていられやしません。コンボの練習なんて飽きちまいます。難しいコンボは失敗するしで安易なコンボに頼ります。熊花日記初心者が強くなれない本当の理由という記事に書かれている通りの初心者ですね。ぶっちゃけコレらのことはとっくの昔に解ってるつもりでいて、ソレでいても尚上達する気概なんてほとんど沸かず。戦ってる内に上手くなれるレベルでええ、という思考停止状態が私の常だったりします。こりゃ上手くなるなんて無理だわな(・ω・`)

上手くなることに関して大事なものは最終的なのはやっぱり熱意。熱くなるもののない人間なんてのは中途半端で終わっちゃうもの。でも逆に熱がある人は最後はしっかり上手くなれるもんで。熱持てるのはソレが才能なんて綺麗事かもだけど、きっと上手くなれるんで頑張ってもらいたいもんですわ。

私も上手い人を楽しませるくらいには上手くなりたいけどハードルが高くて無理ゲー。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。