バイオ6 感想


バイオハザード6 感想

DSC_0398.jpg



ひっそりと購入していたバイオ6。ここ3日くらいタネとせっせと夜なべして攻略に励みひっそりと全シナリオクリアー。汗水汁を垂れ流す熱く激しい戦いの日々でした(・ω・`)


とりあえずお話は面白かった。私はバイオをまともにプレイしたのなんて5くらい、その5のSFなノリが好きで6も買ったので物語は素直に楽しめましたー。初期に比べれば影も形もなくなったホラーっぽさに変わり戦車やヘリを操るゾンビ達、飛び跳ねるゾンビの大群に建物ほどもある巨大ゾンビや改造ゾンビ等々。一体どんなゾンビが飛び出してくるのかとドキドキワクワクのしっぱなし。レオン編のラスボスでは虎やケンタウロスや恐竜、はたまた巨大な蝿になったりと息もつかせぬ怒涛の展開。まさにこんなバイオハザードを待っていた! のは私だけかもしれませんが、こういうジェットコースタームービーを嫌いな男の子なんていませんよねー。

さらに今回新たに登場した新主人公は今までのシリーズでの大ボスウェスカーの息子ことジェイク、卓越した身体能力から出す徒手空拳は凄まじく流石はウェスカーの息子。そして全キャラの物語をクリアして見れるエピローグではこのジェイクがゾンビの群れにおびえる子供を救うため、わずか林檎一つの報酬で単身ゾンビの群れに挑む所で〆という。最早一人別世界の住人と化したウェスカーjrの英雄譚に期待。次のバイオはサブタイにゾンビメイクライとかつけて出してもいいんじゃないかなー(・∀・`)。

まぁぶっ飛んだ部分だけが面白かったわけじゃなく、実際ほかの主人公たちの視点を通すことで見える全容、アレとコレがつながっていたのかーなど色々見えてくるのも興味深く。シナリオは期待以上に面白かった。バイオとしてはどうなんだろうなーとも思うけどね。


ただゲームとしては割りと大事な操作面、コレはちょっと悪かったというのが正直なところー。中々思い通りに動かせない。ドコがとか言おうにもパッと思いつかないけど、とにかく何か色々面倒くさい。それくらい全体的に不自由を感じる操作だった印象ですわー(・∀・`) あんまり幅広いアクションとかじゃなくていいんで素直に銃撃ってたまに殴る程度のTPSでよかったような気がします。

育成要素であるスキルシステムは何か割りとどうでもよかったかな。

そんなこんなで総評としては65点くらい。物語が楽しめたのは良かったものの、ゲームとして肝心なTPS部分で気持ちよくはなりにくいんでちょっと低めの点数でー。ホントTPSならもっとシンプルな操作でよかった。

SFだったり巨大怪獣だったりヒーローアクションだったり物語の要素は色々含まれてるんで、ハリウッドとかそういうハチャメチャな映画なゾンビものを楽しみたい人にはオススメです。バイオは今までやった事がない、という人でも大抵の物語は大丈夫だと思います。私も5の知識くらいしかなかったですしねー。でも楽しいTPSとかをやりたいんならスルーすることオススメであります。お話が楽しみたいだけなら幾らでも手段はある昨今だしそれでも十分かもねー(・ω・`)

こんなトコー
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。