なでこペロペロぺろぺろナデコ

最近全くカメラを使ってなかったんでパシャパシャとひたすらになでこを撫でるように撮り輪わしてきた


PC180721.jpg



PC180697.jpg
PC180701.jpg
PC180706.jpg
PC180695.jpg
PC180717.jpg
PC180725.jpg
PC180715.jpg
PC180713.jpg



ひっさびさにデジカメ使ったけど写真を撮るのは楽しいもんでー。今回は今まで全く気にしてなかったデジカメの機能に慣れるべく、全オート調整だけでなく項目弄って色々とってみたり。

1~4枚目のボヤけた感じはフィルター機能のウェディング加工、若干のアンチエイリアス? というべきなのかぼかし? というべきなのか。専門用語はわかりませんが、若干白みがかかったようなフィルターがかかる機能。被写体と背景との境界がぼかし気味になるんで手ブレがばれないステキ機能だと思っておりますが、まぁメインは被写体が何か幻想的な感じに背景と混ざるのがいい所なのかなー。このモード使えば特に何か弄ることなく、それっぽい写真を撮る事が出来るのが魅力、ただ簡単すぎてつまらないとも思っちゃう(・ω・`) それにフィギュア撮るならやっぱフィギュアの輪郭はハッキリと明確に物体である事を見せたいとか思うのがねー。


5~8枚目は機能は得に使わず露出補正とホワイトバランス弄ってみたりー。割と色味がハッキリ。もう機能云々の前にコレ弄るのが大事なようで。まぁぶっちゃけ効果はよくわかんねーけど(・ω・`) 露出補正は写真の明るさ。コレが低けりゃ暗い写真になって高けりゃ明るい写真になる。ホワイトバランスは光の状況、蛍光灯の近くとか太陽の明るさとかじゃ光が違えば反射する色も違うんで色がまた違ってくるんでそれを好みに合わせる的な。そんな感じの機能だと思う事にした。その内カメラの機能はしっかり勉強したい所ですわー。


ちなみに撫子は4800円で購入。
アマゾンさんでも7000円くらいするもんなのにねー。たまーにこういう掘り出しモンがあるからフィギュアコーナーを眺めるのはやめられません。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。