あの店はヤバい

幾年かぶりにとらのあなに行ってみたところ何かとらのあなの上の階に新たに


軸中心派 福岡店

2012123102.jpg


なるものがオープンしたのをつい昨日知りました。タペストリーの専門店 らしく福岡店がオープンしたのは先月くらいだったようで。とりあえず立ち寄ってぶらぶらーと眺めていたところ




俺は気づいたらカントクさんのカレンダーを購入していた。

DSC_0465.jpg


頭がどうにかなりそうだった(ry) あの店はヤバい。ガチでやばい。最近特典は布ものばかりを選ぶ自分にとって天国のような地獄のような光景がそこには広がっておりまして。右も左もタペストリー、基本的には3000円くらいのもんですが、中には超特大の壁一面サイズのタペストリーやらが1万だったりとかね。1万ですよ1万、ちょっとお財布の紐を緩めれば買えちゃう程度の値段で壁一面を埋められるんですよ。何かの特典についてくるような色は薄く精細さに掛ける荒い印刷のタペストリーではなく、専用に精細に印刷されたタペストリー。あんなもん見せられたら本当やばいって(・ω・`)


だが待ってほしい、所詮は布だ。たかだか絵だ。


・・・と自分に言い聞かせて何とか耐えてはきたものの。絵なんてもんはそりゃネットを探せばコロコロ転がってはいるもんなんですけどね、0円でいくらでも見放題なもんなんですけどね。でも実際に飾られてるのを見るとモニタ越しにただ見る画像とかとは全然違う破壊力があるわけですよ。フィギュアとかもそうですけども、ああいうもんはカタログ見てるのと実物を眺めている時とでは求引力に圧倒的に差があります。その差といえばダイソンの掃除機とそれ以外の掃除機並み。カタログ眺めるだけなら我慢はできても、現物見させられるとずっと心引っ張られてしょうがねぇんです。

そんなタペストリーがたくさんあるのに拍車をかけて、私一押しのイラストレーターであるカントクさん(5年目の放課後)のタペストリーの量がこれまた豊富に飾ってあるっていうんだからもうたまんねぇ。

2012123103.jpg


1500円のカレンダーを買ってタペストリーを買いたい衝動を抑えるので精一杯。次に行ったときには自制心を保つ自信が全くなくて怖いですわ(・ω・`)



一緒にいった冬羽は月に寄り添う何かのタペを購入しとりました。
DSC_0464.jpg

タペを見るとやっぱ売ってるもんが一つくらいほしくなって辛いですホント。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

だが待って欲しい、飾る場所がない可能性がないかもしれない!
画鋲によるピンポイント狙撃一点止で吊るしました。

あ、ついでにあけおめ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。