ソウルサクリファイス 感想

ソルサク 感想

2013-03-13-182332.jpg


プラチナ取得したんで感想。点数的には70点くらい。面白いんだけど荒削り。



アクションは中々に爽快
。派手なエフェクトや動きもスピーディでテンポのいいアクションバトル。魔法(攻撃方法の種類)の量も中々に豊富で、色々な魔法を使ってみて自分に合う魔法を探す楽しみもあります。

何度も何度もボス戦を繰り返して魔法や刻印といった装備品を充実させキャラを強くしていくという、モンスターハンターなど所謂狩ゲーといったジャンルに属するゲーム。とはいえこの手のタイプにしては珍しくレベルという要素もあり。どうしても勝てない場合はレベルを上げて強くなって再度挑むといった事もできる。

またこのレベルを上げる部分においても攻撃寄りに育てるか防御よりに育てるかといった選択肢も自分のプレイスタイルにあわせて選ぶ事が可能。こういうRPG的な育成要素があるのもRPG好きには嬉しい所です(・∀・`)

スピーディで派手で気持ちいいアクション、豊富な攻撃方法
。この部分は非常に良く、また育成要素という部分も悪くなかったかと。


気になるのは全体的なバランスの悪さ。


まず大きな欠点として状態異常でのハメが容易。アクションゲームとしてコレは中々に致命的であり、同じ魔法をひたすら繰り返すだけで何もできずに倒れていく相手が非常に多い。コレではアクションの楽しさも何もないです(・ω・`)

またこのハメから来る部分として、このハメが出来る魔法とできない魔法とでの能力差が凄い。沢山の魔法があったとしても、使い道が遊び用であっては正直選ぶ意味は趣味程度でしかなくなっちゃいます。HPを代償に相手の動きを完全に止める魔法などもありますが、コレをするくらいなら基本的に状態異常にでもすればいいという話。

またハメて相手が動かない、攻撃をしてこない場合においては耐久面というのにあまり意味は出てこないキャラクターの能力を攻撃寄りか耐久寄りか自分で選べる育成要素があるとはいえ、敵が攻撃してこないのであれば耐久寄りにはあまり意味はでてきません。ハメ殺せる時間短縮や、ハメてる間のダメージ効率が大きな攻撃寄りのほうが圧倒的に意味が出てきます。片方の選択肢のメリットが非常に薄すぎてソチラを選ぶと基本的にマゾなだけになる。もちろんハメきれない相手には生存力の高さ
の意味も出るものの、そういう相手はどちらかというと少数。この辺攻撃よりと防御よりでの性能バランス差も非常に悪くなっております。マルチプレイもできるゲームなため、効率の悪い耐久よりはキックされる可能性もでちゃうかと。

また全体的にユーザビリティ(快適さ)においても気になる部分も多い。


今作独自のシステムとしてボスを倒した際には殺すか殺さないかという選択肢があり、コレを殺した場合には攻撃力よりに、殺さなかった場合には防御力よりにキャラが育つといった育成要素に繋がるわけですが。このほかにこの生殺の選択によりそこから派生して受けれるクエストが変わると言った仕組みがあります。コレ自体は別に悪いとは思わないわけですが、選ばなかったほうのクエストを受ける場合には派生前のクエストをやりなおし、生殺の選択肢でもう片方を選ぶ事でようやく別派生のクエストを受ける事が可能になります。ただしこの場合先ほど出したクエストは選択不可能となり、再度もう片方のクエストを受けるためにはもう一度派生前のクエをやり直す必要があります。


ハッキリ言って面倒くさい(・ω・`)


クエストの派生は面白い試みだとは思うのですが。選ばなかったクエストは黒く塗りつぶされてどんな中身だったのかすら見ることが出来ない。当然クエストによって戦える敵も変わってくるため、倒したい敵がいない場合探すのに一々派生前のクエストやって書き換えて確認してみるなんて手間が必要になります。マジで面倒くさいです。せめてどんなクエだったのかくらい確認できてもよかった。


敵を二匹同時に倒すクエストにおいては本来なら倒す事で得られる報酬が最後に倒した方のみになったり
。その割りに敵の能力は据え置きでそのまま二匹同時に相手して手間だけがかかる。難易度が上がって面白いといえるかもですが、ソレに対して報酬が変わらないどころか減っちゃうんじゃうまみがない、どころかマズいって言えるレベルで。マゾい人のためのクエストにしかなってませんわ(・ω・`)


せっかくのマルチプレイだというのに、マルチプレイでは敵の体力増加が大きすぎてソロよりも効率が低下するというのも問題。別に効率よく倒したいってわけじゃないんですが、ソロで5分で倒せたモンスターが4人だと15分とか30分になるといった事になれば流石に効率の良し悪し以前にかなり疲れます(・ω・`) もちろん倒し方とかを判ってる人が4人集まればこういった限りではないんですけどねー。効率を出すには全員が効率を重視する必要があり、ソレ以外だと返って疲れる結果になるってのはなんともマルチがしにくい仕様になってるかと。マルチゲーなのにマルチのメリット薄いとか何かもったいねぇ。


コレらが大きな所で細かく見れば全体的にユーザー目線になればすぐ気づくような快適さという面においては面倒くさい仕様が結構出てきちゃいます


大体こんな感じ。良い部分はサクッとすんなり終わったのに、愚痴というか気になる部分を書いてたら思った以上に長くなっちまった(・ω・`) ホントとにかく色々言いたくなるような粗が多いと感じた作品でした。コノ辺もっとしっかり練りこめれてればもっともっといい作品になってたと思うんですけどね。シリーズ化するならいっそう洗練されてく事に期待です。


腕便りの純粋なアクションというよりは、持ってる魔法やレベル、刻印といった装備など育成具合も難易度に大きく影響が出てくるRPG的な色も強い作品。スピーディで爽快で派手なバトル、地道なキャラ育成が好きという方にはオススメです。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。