ディスガイアD2 感想

ディスガイアD2 感想

DSC_0570.jpg


点数的には75点くらい。今までのシリーズに比べれば格段にテンポ良く、手軽にキャラステータスのカンストなどが可能。

キャラ育成ゲーとしてのハードルややりこみにかかる手間は良くも悪くもだいぶ低くなっとります

 従来だったらまず装備を鍛え、キャラを鍛え、敵が強敵ばかりになる修羅界を出すために色々な不確定要素で結構粘ったりとか。そういうのが当たり前でしたが今作はソレらの手間が簡略化。修羅はストーリーをクリアすれば即挑戦可能、更にそこで敵を倒すだけで能力が限界まで上げていく事が可能でぶっちゃけ装備は特に必要でなかったり。今までどおりにキャラのステータスや装備適正カンスト程度を目指すだけなら今までの半分の時間もかからないかと。キャラ育成にかかる手間は大きく簡略化。

 お気に入りのキャラをカンストまで目指す程度なら誰にでも簡単と敷居は低く遊びやすくなったわけですが。反面そういったものは究極的やりこみって物でもなくなったため、今までの感覚で挑むとちょっとボリューム難に感じてしまうかもー(・ω・`) キャラを強くするための一環として最強装備を作って一気に強くなるってのも目的でしたが。アイテム作る努力するよりある程度で修羅ボーナス稼いだほうが早いですしね。目指すなら1キャラカンストじゃなく好きなキャラ全部カンストくらい目指すやりこみに挑戦したほうがやり応えはあるかも。終わりはみえないけど。


 シナリオに関して正直チョイとお話の広がり不足な感。ネタバレになっちゃうんであんま触れませんがー。もうちょっとスケールの大きさが判るようなのとか、小話的な章があると良かったかなぁ。育成だけじゃなく話のテンポも早かった感(・∀・`)


 シリーズ経験者としてはちょっと遊べた時間が物足りなかった感もありますが。ただやり込みが薄くなったというよりは、とにかく手間を排除してテンポの良さを突き詰めてきたのが今回な感じ。結果としてボリューム不足にも感じちゃいましたが遊びやすくやりこみやすさではシリーズ一とも言える。コノ辺のテンポの良さを踏襲しつつも、ボリューム不足に感じないような調整を今後のシリーズとかにも期待したいなー。


基本的に修羅界とかはもう在る程度やりこんだ上での到達点、そっからまだまだ続くよ! 的な感覚で遊べる世界だったんで修羅界の手間残してればそれでいい気もした。面倒くさいと思う反面到達した時の達成感はなんだかんだ毎度気持ちいいもんでした(・ω・`)
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント