【アーケード】コードオブジョーカーとか言うのが面白そう?

『CODE OF JOKER』JAEPO2013プレゼンテーションムービー




公式サイト

2013052601.jpg


 SEGAが送る新作ACカードゲーム『CODE OF JOKER』一言で言えば純粋なカード対戦ゲーム。詳しい情報はwikiを参考に。あくまでロケテ情報なので今後変わる可能性もあり?

 アケゲーのカードゲームっつったら戦国・三国大戦ロードオブヴァーミリオンなどカードの能力に加えリアルタイムでユニットを動かしたり戦術を変えたりと言ったカードの能力に加えて結構忙しい操作も要求されるゲームが主流ですが。このゲームはそういったリアルタイムなバトルではなく純粋にカード能力とそれらを組み合わせたデッキの強さ、後は相手と1対1でターンを交代しあいお互いの読み合いで勝負。遊戯王やMTGみたいにシンプルにテーブルゲームなカードゲームになってる様子です。



 カードの入手方法もプレイ毎の排出だけではなく、ゲーセンに設置されているターミナルよりパックを購入(ロケテでは100円で3枚or300円で8枚【単買いより一枚少ないもののレア以上が3枚以上確定】とのこと)して”カードデータ”を入手、使用可能になるとのことでカードを集めて~デッキの構築はよくあるカードゲームと同じような感じになりそうですね(・∀・`) もちろんゲームプレイ時にもプレイ回数に応じた枚数カードの入手はあるようなのでカードの充実を考える人向けのサービスって感じですね。


2013052602.jpg
2013052603.jpg


 購入して得られるのは”カードデータ”に過ぎず自分のアカウントで使えるようになるだけ。現物としては貰えないってのが人によって賛否は別れそうな所。やっぱカードゲームはコレクションも楽しさのひとつ、自分のデッキを持ち歩き人に見せたりといったことも楽しみの一つなわけで現物がないと物足りなく感じそう(・ω・`) ただ”スマフォやPCと連動”との事で自分の持っているカードの管理などは持ってる携帯つかっていつでもどこでもやれそう。今の時代スマフォのソーシャルゲーで色々なカード集めて眺めてニマニマとかは普通な時代ですし、そのカード使ってゲーセンの筐体でも遊べると思えば感覚的には近いかも。言い方的にはパック購入はガチャになるけどそもそもガチャ自体がカードのパック購入と何ら変わらないわけですしねー(・∀・`) 

 ゲーセンのカードゲーのネックってデッキがないと遊べない所ですが。ほとんど日常的に全カード持ち歩いてるようなもんでいつでも筐体使ってカードが遊べる、コンパクト化としては普通にありな方向だと思います。

 あとは純粋にカードゲームが面白いかどうか。またカードゲームっつったらトレードや売買と言った資産の共有により必要なカードだけを集めて安く済ませるといった事も大事だと思います。必要なカード出るまでパック引くとかお金持ちな方にしかできませんし(・ω・`) その辺の仕様が気になる所でありますねー。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント