スムースニットで出す意味がわからない

ノエル スムース抱き枕カバー [天体のメソッド]


2015y01m26d_194157048.jpg


どうしてアニメの抱き枕カバーはスムースニットで出すのか判らない。


枕カバーの生地で高級品質の生地とされるのは2wayトリコットという編み方の生地。値段的には3000円くらい上がるとは言え、3000円の違いはダレが触ってもハッキリ感じられるもので触って手触りが段違い。

高級生地のものは表面がすべすべで非常に滑らか、氷面を触るようなツルツル感。モノにもよるけどひんやり気味で身体の熱をいい具合に吸収してくれて、たかだか布とは言え寝具としての機能は充分に感じられるものなんですが。


スムースニットだとそういうことは全然なく、手触りは割とザラザラTシャツみたいな触り心地。ひんやり感とかもなく、本当にただただ布といった感触しかない。


実際触らんと中々違いは判らんけど2wayトリコットとスムースニットの差は天と地ほどの差があるのがこの枕生地業界。当然生地としての人気は圧倒的に高級生地の高いもんなんですが・・・


だってのに(・ω・`)



アニメ、ゲーム系のキャラクターグッズが抱き枕カバー化される場合8割において選ばれるのがこのスムースニットだという。キャラの人気があればある程度売れるのは見込めてるだろうし、人気の生地を選んで少し販売数を増やすより、不人気な生地でもコストを減らしたほうが収益に繋がるという判断があるんでしょうかねー。人気生地避けて不人気生地が選ばれるのがいつも非常に悲しい所です。

受注生産分だけで良いからホント2wayトリコットも製作してもらえないもんでしょうかね・・・。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。