メアリスケルター感想

3章で積んだ(・ω・`)

メアリスケルター(Vita)

CupDMilUIAUn7ot.jpg

基本的なバトルシステム、育成システム自体は割ともよくあるDPRGなんで特筆すべき点とかは特になし。

無敵の敵に捕まらないようにダッシュで逃げたり、

仲間の固有能力を使ったりしてギミック(仕掛け)を解いていく探索パート

その辺もまぁそんなに悪くはないかと。

システム的には無難なDRPG

ただ残念な点もチラホラ。

まずマップが広い。


2章っつー最序盤から既に1マップ踏破にかかる時間が1時間とかそんなん当たり前。

別にレアなアイテムがあったりするわけでもないし道中にイベントがあったりするわけでもない。

戦闘バランスも全体攻撃で敵が一撃で速攻死ぬ、しかも倒したらMPが回復するんで特にその辺やりくりする手間もなく

兎に角ただただマップがひたすらに広いだけで、イベントもなく移動してマップ埋めるだけの作業でした。

またそんな作業をしてる中全く恩恵のないボーナス演出、ブラッドスケルター演出とかがテンポを悪くしてたのも痛い。


長時間探索してたら当然アイテムがパンパンになりますが、そもそもからアイテム所持数がたった35と少なすぎる。

回復アイテムとかの場合10.50.100.200.500みたいに小刻みに回復量設定してるんでただのHP回復アイテム一つとっても種類数が無駄に多いという。

その辺邪魔なアイテムをちょいちょい捨てる必要があったりゲーム進行のテンポの悪さが目立って疲れました。


ただまぁシステムはおいといてキャラの見た目やCCでの衣装チェンジが会話シーンでも反映されてたり、キャラの可愛さはしっかりある感じ。この会社のゲームはやっぱソコですしね。

システム的な面白さは良くも悪くも無難で普通、レア掘りとかはないキャラ育成ゲー寄りなんでキャラが好きかどうかで全てが決まりそう。

戦闘バランス大雑把、そこまで作り込んではない、キャラ目的なら楽しめるんじゃないかなって凄くいつものIFゲー。


システムだけなら60点、キャラが好きなら70点の間を取って感想としちゃ65点位でしょうか。

見た目気に入ったならやってみるのも一興。可愛い女の娘でDRPGやりたいなら少しオススメです。






ちなみにキャラ、世界観共に好きになれなかった自分は3章で積みました(・ω・`)

ネプみたいに明るい世界、キャラだったらもうちょっとヤルキおきたかもですが、

シリアスな雰囲気に加えあまりにテンポの悪いテキストにイライラが止まらない。

ゲームスタートしてからチュートリアル終わるまでに一時間位立ってた(しかもほとんどテキスト読んでるだけ)のは流石にアホではないかと。

要点と台詞はもうちょい絞ってスムーズにストーリー進行させてほしいもんですね。

あと凄く個人的ではありますがキャラの名前が赤ずきんだの親指姫だの名前になってない名前は個人的に大嫌いな名前の付け方。

名前なんでもいいなら登場人物なんてA B C Dだけで良くなるけどそれじゃ楽しくないからキャラに名前つけるんだよと言いたくなります。

例えそういう世界観であっても名前は名前として違和感ない名前にしてほしい。ネタがあるにしても由来があるネーミング程度でそのまま持って来てほしくはなかった。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。